旅行・地域

2010年7月31日 (土)

TANE MAHUTA

ニュージーランドには、北島固有の”カウリ”という巨木があります。

オークランドから北へ車で3時間ほどのワイポウア森林保護区の中に、NZ国内最大のカウリの木、”タネ・マフタ”があります。(樹齢は約1200年、タネ・マフタとは「森の神」を意味するマオリ語です。)

おもしろいのが、この「タネ・マフタ」と日本の屋久島にある「縄文杉」が、世界で初めて姉妹木としてその関係が締結されたんですgemininote2009年4月 23 日、タネ・マフタの目の前で調印式が行われたようです。(↓NZ政府観光局のホームページ)http://www.newzealand.com/travel/ja/about-nz/features/the-family-of-ancient-trees/

樹齢1200年のタネ・マフタ と樹齢2000年を超す縄文杉、南半球と北半球でお互いに長い時を経て、今こういう形で国際交流が出来るのは素敵な事やな~と思いますconfidentshineうちらの知らない色んな時代を乗り越えてきた生命力には本当に圧倒されますclover

今回フラットメイトと皆で1泊2日の旅行に行きましたが、フラットメイトが前に行った事があるというので、ナイトツアーが神秘的で綺麗と聞いたことがあったので、今回夜にタネ・マフタを見に行ったのですが・・・・・・

暗すぎてほとんど見えませんでした。(笑)

その代わり、星がめちゃめちゃ綺麗やったsign03sign03ここNZで、人生2度目の天の川を見る事ができましたhappy02heart04その名のとおり、”milkyway”。ミルキーなウェイでしたshineずっと眺めてたかったな~、日本にいたらそうそう天の川なんて見れへんもんなぁ。

タネ・マフタの写真一応撮ってみてんけど。。。シルエットだけでもお届け出来るでしょうか~coldsweats01

P1020303

P1020304

ん~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やっぱ見えへんな。。。。。(^-^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

Waipu

6月の頭にNZでは珍しい3連休がありました。

その時にフラットメイトとどこか行こうという事になり、ガイドブックにも載っていない、WAIPU(ワイプ)というところへ行って来ましたnotes

ワイプには何があるん?と思いましたが、実は土ボタルが見れるんですshine

NZの土ボタルと言えば『ワイトモ』が有名ですが、ワイプの土ボタルも思っていた以上に素晴らしかったですsign03

でもワイトモみたいに観光地化されておらず、地元の人がチラッと来るぐらいの、ほんとにローカルな場所。うちらが行った時も貸切状態でしたscissors

ただ、まったく整備されていない真っ暗な洞窟を手探りで奥へ進んで行くので、十分な準備と、勇気が必要ですrocksign01

一応立派な観光案内所もありましたinfo02

P1010938

P1010939

ここから車で20分くらいのところに洞窟があります(。・w・。 )

P1010940

目の前は羊がのどかに草を食んでいますaries

P1010942

P1010943

洞窟の入口が見えてきました。

P1010946

10メートルくらい奥に入るともう何も見えません( ̄Д ̄;;

P1010950
中は鍾乳洞になっていて、奥は川が流れていました。足場の悪い岩を登ったり、手も足も泥だらけになりながら川の中へズブズブと入っていきます。着替えの用意必須ですpaper

P1010961

P1010967

P1010971

P1010972

で、肝心の土ボタルですが、ど~~~やっても上手く写真に写りませんでした・・・despairsweat01

でもめちゃめちゃきれかったですsign03例えるなら、夜空一面青い光が天の川のように瞬いて、それが川にも反射して、頭の上も足の下も青い光で包まれている感じですconfidentshine

まさにラピュタに出てくる飛行石の場面のようでしたcatfaceheart04(ポムじいさんに会うところね。)

帰りに、Warkworthでフィッシュアンドチップスを食べて帰りましたnote

P1010989

そして、ハニーセンターにも寄って帰りましたrvcardash

P1010997

P1010992

P1010995

P1010994

P1010996

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

タウランガ写真(クリスマスホリデー分!)

クリスマスホリデーに行ったタウランガの写真はこっちにアップcameranote

Beach

Mt_maunganui_and_beach

Clear_sea

Beautiful_women

Guitar_young_man

Esplanade

Ice_cream_shop

Bench

Fauntain

Fountain2

Railway

Restaurant_bar

Harbour_bridge Tauranga

Tauranga2

Tauranga3

Tauranga5

Cake

Memorial_park

Memorial_park2

Modern_church

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆卒業旅行☆

3月に学校を卒業した後、卒業旅行と題して友達と1泊2日で旅行に行ってきましたnote

行き先は、なんとまたタウランガcoldsweats01(笑)

まだクリスマスホリデーの旅行で行った『タウランガ編』が書けていなかったので、今回まとめて写真をアップしようと思いますcamerashine

今回は総勢9人で、レンタカーを借りて行きましたrvcarnote

ちなみに私は国際免許証を持っていたので、1.念の為の、2.念の為の、3.念の為の、4.念の為に(ドライバーは私を含めて4人w)携帯していきました。まあ結局、「I can not guarantee your lives」と言ったら、運転まわってこなかったけど(笑)

宿も取らず、ノープラン、現地で行き当たりばったりの旅行だったけど、かなり楽しかったhappy01sign03私はあまり行き当たりばったりの旅行は好きじゃなかったけど、大勢で行くと、色々細かく決めていくよりも、なんだかんだ最終的には上手く行くもんなんかなーと感じましたgoodあやうく宿無しでキャンプになりそうになったのも事実ですが(笑)

という訳で、現地で1~2時間かけて見つけたモーテルに泊まったけど、ここがまたすごい良かったhouseupupみんなでカレーを作って、お酒を飲みながら夜更かしして、なんか修学旅行みたいな、とても楽しい卒業旅行になりましたnight

写真がかなりあるので、いっぱい載せたいと思いまーすsunsunsun

P1010668_2

P1010677

P1010679

P1010691

P1010693

P1010709

P1010710

P1010721

P1010723

P1010726

P1010734

P1010739

P1010741

P1010743

P1010744

P1010749

P1010753

P1010764

P1010767

P1010768

P1010769

P1010787

P1010788

P1010795

P1010797

P1010798_2

P1010803

P1010810

P1010813

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

Devonport

先日、仕事でお世話になっている方のお家でBBQをするという事でお誘い頂き、初めてデボンポートへ行きましたtaurus

デポンポートはオークランド市内中心部からフェリーで10分ほどの、対岸にある素敵な町です。小さな町ですが、ヨーロッパからの入植の影響をうけ、クラシカルな建物がたくさん残っているため、雰囲気はちょとしたヨーロッパのリゾート地という感じshine

この日はお天気にも恵まれて、すごく綺麗な景色を見る事ができましたheart04

P1010478

デボンポートのフェリー乗り場にあった美味しそうなアイスクリーム屋さん

P1010479

P1010480

North Headから見たランギトト島

P1010481

P1010482

P1010483_2

P1010484

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

Waiheke Island (ワイヘキ島)☆

まだ旅の思ひ出『タウランガ編』が書き終わってないけど、この前ワイヘキ島へ行った時にたくさん写真を撮ったので、先にこちらをアップしますcamera

この前の金曜、学校が午前中で終わりなので、午後のフリーを利用してワイヘキ島へ行ってきましたnote

ワイヘキ島はオークランドの北東に位置する島で、世界的にも有名なワイナリーが点在している、ワインで有名な島となっていますbar

オークランドからはフェリーで35分、往復チケットNZD32.00で行けちゃいますship

またリゾート地としても人気があり、綺麗なビーチもある為、特にこの季節には地元の人達だけではなく、観光客でもにぎわっていますsun

ワイヘキ島のi siteで、どこのワイナリーがお勧めか聞いたところ、フェリー乗り場からタクシーで20分くらいのところにあるStonyridge Vineyardがお勧めだとの事だったので、そこへ向かう事にしましたrvcar

P1010354

P1010356

P1010357

Olive♪

P1010358

P1010362_2

P1010365

P1010370

P1010372

P1010374

P1010377

P1010379

このカカシにはびっくりしましたcoldsweats01

P1010380

P1010381

P1010382

P1010384

ワイナリーへ行った後、ビーチが綺麗なことで有名な、オネロアビーチへ行きましたt-shirt

P1010385

P1010388

P1010389

P1010390

P1010393

P1010395

P1010396

P1010397

P1010399

帰りのフェリーで、タイミング良くすっごく綺麗な夕日を見ることが出来ましたhappy01shine20:00のフェリーで帰ったので、今オークランドでは、20~20:30にかけて綺麗な夕日を見る事が出来るって事ですねnotes

P1010400

P1010409

P1010413

P1010416

P1010418

P1010419

オークランド到着confidentフェリービルディングnote

P1010422

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

旅の思ひ出(タウポ編)

ロトルアに続き、本日は『タウポ編』をご紹介~clover

12/29(火)rain

7:00  起床、朝食作り(パニーニ風ハンバーガー、美味しかったfastfood♪)

10:00 チェックアウトして、

10:15 ロトルアのi siteにてタウポ湖のフカフォールJET(NZD99)を申込みました。この時、なんとたまたま同じクラスの子達とばったり遭遇して、しばらくおしゃべりを楽しんだ後、

11:30 約5分遅れでインターシティのバスにてロトルアを出発bus

12:30 タウポに到着mistsign03

13:00 一先ず荷物を置きに、YHAのバッパーへチェックインしに行きました。

Taupo_bp Taupo_bp2 Taupo_bp3

14:00 タウポのi siteへ行ってプラウンファーム(海老の養殖アミュージメントパーク)の予約と明日のタウポ湖クルーズを予約した後、ランチへ。NZD4.7ですごいボリュームのチキン&チップスを食べました。

15:00 i site前から予約したシャトルバス(片道NZD4.00)に乗って、プラウンファームへ。シャトルバスの運転手さんは女性で、助手席に赤ちゃん乗せてました。。。coldsweats02日本じゃあり得へんな~~と感心しながら見てたけど、赤ちゃんはめっちゃくちゃ可愛かったheart01途中泣き出しそうになったら、5ドル札であやしてました・・・

15:30 プラウンファームにて海老釣り。(釣りのみの人はNZD20.00)

今は夏季のため、プラウンファーム自体は5時PMで終わりですが、釣りは7時PMまで可能との事だったので、友達と「晩ご飯のおかず分は釣って帰ろう」と決めて6時半まで粘って4匹ゲットしました(笑)→しかも1匹は他の人があげる、ってくれた分ですcoldsweats01

Prawn Prawn2

レストランが開いている時間であれば、自分で釣った海老をその場で調理してくれます。あいにく既にレストランは閉まっていたので、帰ろうか~と思ったらハプニングsign03

ピックアップに来てもらうのに、終わったらレセプションに言って電話してーって、シャトルのおばさんに言われてたのに、レセプション行ったらレストランと同じく既に閉まってて、あわてて釣りコーナーのお兄さんに「シャトルバスに連絡して下さい!」って言ったものの、誰も連絡先を知らず・・・・・

歩いて帰るには2時間くらいかかる場所だったし、暗くなりかけてたので危ないし、バスはないし、タクシー呼ぼうとして電話しても電話が繋がらず、どないしょーーー!!!って途方にくれてたら、車で来ていた最後の1台(一般のお客さん)が目の前を通り過ぎようとしていたので、ヒッチハイクrvcarsign03

無事乗せてもらえることになって、CITYまで乗っけてってもらいましたdash

いや~、ほんまに焦ったsweat01シャトル代往復分払ってたからちょっとl悔しかったけど、まあ無事帰れたからよしとするかぁdelicious

19:00 parkin' saveスーパーで買い物して、

20:00 この日はポトフを作りました。(もちろん海老入りでcancer

21:00 シャワーを浴びて、テレビ見て、

0:30 就寝moon3

12/30(水)sun

8:00 起床、朝食を食べて洗濯した後、

10:00 バッパーを出発、今日は予約していたタウポ湖のクルーズへ(NZD40pp)♪クルーズ乗り場までは歩いて15分くらい、すっごく天気がよくて、快晴でしたnote

Taupo_crs

10:30 出航~ship 2時間のパッケージクルーズで、マオリケーブ(洞窟に先住民が残したマオリの彫刻が残っています)を見に行くやつに申しこんだけど、なんと1時間くらい進んだ所で急に風が強くなってきて、空は晴れてるのに波は大揺れ、船内にまでしぶきが入ってきて水浸し、お客さんはテーブルにしがみついとかないと飛ばされるくらい、揺れに揺れて、「マグロ漁ってこんなんか~っ!!」と想像できるくらい転覆寸前sign03もう帰りたい~~!!と思ったところで、船が方向転換し、「波が荒れているため本日はマオリケーブ中止とします。」と船長さんから連絡がありました。初めはみんな笑って楽しんでいたけど、帰る頃には船酔いした人もいて、ちょっと疲れましたsad自然の怖さをちょっと体験した感じtyphoon今回マオリケーブに行けなかったので、また次回再度乗船させてもらえるようで、3ヶ月有効のフリー乗船券をもらいましたticket

12:30 乗り場へ到着

13:15 寒さに凍えたため、一旦バッパーへ上着を取りに行った後、ちょっとおしゃれなタイレストランにてランチ、スパイシーヌードル(NZD9.5)を食べました。

14:30 今回タウポで目玉にしていた、フカフォールJETへsign03i site前でシャトルバスを待っていたら、昨日と同じおばちゃんが、また助手席に赤ちゃん乗せてやってきましたbus

15:00 フカフォールJETはめっちゃ高かったけど(NZD99pp)、かんなりエキサイティングupup受付で荷物を預けて、外に出たところで防水着とセーフティジャケットを受け取り、順番待ち。30分に1本のペースで出ているので、そんな待った気はしないし、待ってる間他の人たちが乗ってるJETを見れるので、それがまた面白い!!360度の回転はものすごい迫力ですcoldsweats02

ワイカトリバーもすごく綺麗で(エメラルド色の川でした☆)、そこをドライバーさんがものすごい高速で木と木の間をうまいことすり抜けたり、合図と共に360度回転(もちろんびしょ濡れ)してくれたり、最初こわそうと思ったけど、めっちゃ面白かったですhappy01sign03しかも今回一緒に乗ってたお客さんがみんなノリがよくて、「もっとやって、もっとやって!」って感じで、ドライバーさんもいつもより多く回転してくれたみたいでしたscissors

乗ってる時間はあっという間の30分だけど、やっぱ一番印象残ってるなぁflair

Waikato_river Waikato_river2 Huka_fall Huka_fall2 Huka_fall3_2

16:00 フカフォール出発

16:30 オシャレなアイスクリーム屋さんを発見したので、アイスクリーム(NZD4.00)を食べながら湖畔沿いを散歩

17:00 タウポ湖に浮かぶグリーンに、ホールインワンチャレンジgolfsign03ゴルフは一度もやったことなかったけど、地球の歩き方に載っていてめっちゃ面白そう、というか気持ち良さそうだったので、絶対挑戦しようと思ってましたsmileしかも、もしホールインワンできたら、賞金NZD5000もらえるんですsign03(まあ、案の定無理でしたけどdash

ゴルフって難しいですね~、ボールが当たりもしませんでしたsweat01何回も空振りしてたら、見物客の子供達にお腹かかえて笑われました。

「いや、そんなおもろないやろ。」ってくらい、笑われました。( ̄◆ ̄;)

でもフォームはなかなかやと思いませんかsign02(私の隣でしてた子、若いけどめっちゃ上手かった。)

Hole_in_one_lake_taupo_2 Hole_in_one 

ちなみに、湖に落ちてるボールは、ダイバーの方が拾い集めているそうです。 1球もとどかなかったけど、でもすっごい気持ちよかった~shine湖に向かってゴルフなんて、なかなか出来ないですからねーnotes

18:30 昨日のポトフの残りと、フランス人のご家族におすそ分けしてもらったパエリアと、どなたかが荷物が重いからあげるってもらったラーメンを食べて、

21:00 ミスタービーンのTVやっていたので、見ながら、

23:00 頃、就寝moon3

タウポもかなり満喫の旅でした~winknote

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

オークランド 格安航空券!!

まだ『タウポ編』の旅行記が書き終わってないけど、早く知ってほしかったので、先にこの記事をお知らせしますnote

shineオークランド格安航空券のお知らせですshine

ニュージーランドはほとんど格安航空券が出ることがなかったようですが、この度ジェットスターが1月29日までの申込期間限定で、48,000円(諸税別)というオーストラリアよりも安い料金で航空券が発売されているようです!!

http://www.newzealand.com/travel/ja/getting-to-around-nz/getting-to-nz/travel-deals/japan/display-travel-deal.cfm/deal_uuid/4da67e21-d873-a2a0-5bca-82134949aaec/market/ja.html

旅行期間は5月11日~6月30日までなので、もしニュージーに遊びに行き来たいsign03と考えてる方がいらっしゃったら、是非是非ご検討くださいupup
もしこっちきてくれたら、この時期にはもう学校も終わって、一緒に旅行出来ると思うので、ちょっとでも興味あったら連絡ちょうだいね~loveletter

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

旅の思ひ出 その1(ロトルア編)

年末のクリスマスホリデーを利用して、オークランド付近の町を5泊6日、バックパッカーで旅行してきましたbus

ロトルア2泊、タウポ2泊、タウランガ1泊ですnote

まずはロトルア編からお届け~happy01

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

12/27(日)sun 

8:15 オークランドスカイタワー前から、インターシティーのバスに乗って出発bus53シーターのバスがほぼ満席状態でした。

10:10 ハミルトンを経由して、

12:20 ロトルア到着sign03

ロトルアは先住民族マオリの文化が色濃く残っている町で、またマオリ文化保存にも力を入れている町でもあります。

「ロトルア」という町の名前もマオリ語から出来ていて、「ロト」=湖、「ルア」=第二の、という意味で、その名の通りNZで2番目に大きい湖があり、水資源が豊富な町です。     また、火山の地熱地帯に位置しているため、日本人が大好きな”温泉”や”足湯”なんかもある、おもしろい町ですspa

ロトルアに到着後、観光案内所前にてガイドさんとミート、テプイアに行きました。

テプイアは1963年にマオリ文化伝承を目的に創設された、ロトルア随一の観光名所です。間欠泉や、マオリ美術・工芸学校も併設されており、伝統工芸の彫刻を生徒さんが作っているところを見学できたりしますeye

マオリ学校に入るには条件があって、1%でもマオリの血が入っていないと入学できません。学校では、70種類ほどの彫刻刀の意味や使い方などを習うそうです。18歳~35歳までが入学可能で、2年間勉強した後は、学校の先生になったりするようです。実際に生徒さんが自分の身長ほどある木を彫刻刀で彫っていましたが、立ちっぱなしの作業だし力も必要なので、すごく大変そうでした。1つの作品を仕上げるのに、長いと何ヶ月もかかると言ってましたcoldsweats02

間欠泉は、昔は最長14mほど吹き上がっていたそうですが、周りに温泉を引くようになったため、今では7mほどになってしまったそうです。そこで政府が間欠泉を守るため、半径1.5km以内は温泉引くの禁止!という法律ができたそうです。今は国の保護のもと運営されているとの事up

またマオリの模様にも特徴があって、シダ模様のラインは白、葉の色は赤と青に分かれていて、白は骨を表し、赤は動脈、青は静脈を表しているとの事でした。マオリの集会所(マラエ)には柱や、壁、地面にその模様がびっしりか描かれていているのに、中にある真ん中の柱には彫刻も何もなく、聞いてみるとそれは「心臓」を意味するものなので、傷を付けないとの事でした。

こうして聞いていると、模様1つとってもちゃんと意味があって、その文化を守り継承している人たちがいることを知って、とても勉強になりました。

Te_puia

Te_puia2 Te_puia3 Maori_carving Maori_house Lake_rotorua

14:30 テプイアの後は、アグロドームという羊のショーが見れる所へ行きました。

シープショーでは、NZで飼育されている羊の種類を舞台でコメディチックに紹介してくれるので、とても面白いです。(紹介は英語ですが、日本語同時通訳のイヤホンがあります。)観光客参加型のショーで、希望者は舞台で牛の乳搾りを体験できたり、子羊にミルクをあげたりできます。今回日本人はほとんどおらず、カナダ、台湾、中国からのお客さんが多かったです。

羊の紹介が終わった後は、目玉の羊毛刈りショーですcapricornusもっこもこの羊が、あっという間にうすピンク色の肌になってしまったときは、ちょっとかわいそうな気もしましたが、すぐ脂肪がついて寒くなくなるという説明を聞いたので、安心しました(笑)happy01ショーが終わったあと、自由に舞台に上がって写真撮影しても良いので、是非近くで見ることをお勧めします。実はめっちゃおもしろいんですsign03羊の顔って・・・flair

Agrodome Merino Funny_sheep

Sheep_shearing

16:00 その後、足湯があるという事で、”クイラウパーク”という公園を案内してもらいました。ここはすごく面白くて、公園の敷地内に温泉(でも熱過ぎて入れません、沸騰してるので・・・)があって、見るだけでもわ~~、すごい光景spadashという感じでした。

Ashiyu Kuirau_park Kuirau_park2

12/28(月)cloudrain

10:15  次の日、レッドウッドフォレストという森林公園に行き、1時間ほどウォーキングしました。カリフォルニアレッドウッドと呼ばれる杉の一種で、その他たくさんのシダ植物がうっそうとしていました。NZはかつてシダジャングルでしたが、農場を作るため伐採、焼却して今では国土の50%が農場という状態に。これはいけないと、森林を守るために植樹を始めましたが、植樹した木が外来種のため、成長、繁殖が激しく、今度はそれが公害となるようになり、その為NZに入国する際、動植物の検疫が非常に厳しくなった、という経緯があるそうです。なるほどね~airplane

1時間とはいえ、なかなかいい運動になりました~。地元の人たちもジョギングしていたり、すれ違い際に「ハロー!」と声をかけてくれたり、とても気持ちよかったですnotesただ、ベビーカーを押しながらジョギングしているパパがいて、それにはちょっとびっくりしたけど・・coldsweats02

Redwood_forest Redwood_forest2

12:00 その後、ゴンドラに乗ってスカイラインレストランへ行き、ブッフェの昼食を頂きましたrestaurantheart01

Lake_rotorua_2 Skyline_restaurant

16:00 ランチの後、一旦バッパーへ戻り、夕方スーパーへ行って夕食の買出しへappleこの日はランチがブッフェ(食べ放題)だったので、晩ご飯はヘルシーにshineという事で、サラダを作りましたheart01見た目も彩りも中々、作っていたら隣で夕食を作っていた人に、「美味しそうね~!」と言われて、テンションあがりましたnoteup

Salad

夕食後、ロトルアの醍醐味、温泉へspaポリネシアンスパという、ロトルア湖に面した温泉に行って来ましたhappy01水着着用なので、日本の温泉とはちょっと雰囲気が違うけど(混浴だし)、ずーーーーとシャワーで生活していたので、「お湯につかる」事ができて、気持ちよかったですconfidentshine

レイクスパという岩風呂(露天風呂です。)に入りましたが、36度、38度、40度(が2つ)の4つに分かれていて、自由に行き来できます。ただ、36、38度はちょっとぬるく感じました。40度がちょうどいいけど、長く入るとのぼせます。catface 更衣室にはシャワーがあるので(ドライヤーもありました)、すっきりさっぱりして、バッパーへ帰り、ロトルアの旅が終わりましたshine

Polyspa

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

☆高野山☆

先日3連休の日に、ずっと行きたかった高野山に行ってきましたmaple

お天気にも恵まれて、すっごい気持ちのいいドライブsunrvcarsun(運転ありがとうwink)     連休の割りに車も人も少なくて、のんびり散策が楽しめましたnote

NZに行く前に、日本的なところに行きたくて高野山を選んだけど、行ってよかったhappy01

高野山は弘法大師(空海)によって816年に真言密教の根本道場として開創され、また総本山である金剛峯寺は高野山のみならず、全国、海外の末寺四千ヶ寺の行政を統べ、壱千万大師信徒の信仰の中心となっているそうです。(資料抜粋)

一番端の大門から入って、金堂、大師教会、金剛峯寺、徳川家霊台(はさくっと通り過ぎて)、女人堂を観光。ここまでで既に3時間くらい!

その後車で移動して、奥ノ院の方へ行きました。                        奥ノ院までの道は、なんと今までに見たことも無いくらい巨大なお墓がずら~~~~~~~っと並んでいました。大企業代々の方のお墓もあれば、戦国時代、江戸時代の武将や、歌人のお墓もありました。(武田信玄、上杉謙信・景勝、織田信長、明智光秀、徳川家、豊臣家、石田光成、親鸞など、錚々たる方々のお墓を拝見させて頂きました。)

なんか、歴史が凝縮された場所だなぁ~としみじみ感じながら、そこに立っている自分達も、その歴史の延長線上にいるんだなぁと思うと、不思議でしょうがなかったです。今ある命に感謝して、大事にしないとね。

これだけ見ごたえのある場所なので、やはり観光地の一部になっているようで、ばったり団体観光客と一緒になってしまったんですが、そのガイドさんの説明がすごく面白くて、ついつい耳ダンボになってしまいました。「まだ空いてますから、墓所募集中ですよ~。」って言ってました。(笑)そのガイドさんによると、これだけの規模の杉とお墓は(杉林の中にお墓があるんだけど)、世界一の規模って言ってました。さすがにこれには「へぇ~~!」って思わず口に出してしまったcoldsweats01sweat01

でもほんと、思ってた以上に、荘厳な空気に包まれていて、観光地ではなく、昔からの仏教がまだそのまま息づいているって感じでちょっと感動しました。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚日本にまだこういう所があるんだなぁって発見した感じでconfidentshine

そしてまた、思ってた以上に寒くて、昼間で6度、夜になると3度まで気温が下がりましたsnowまだ暑いかと思ったけど、ダウン着ていって正解やった~upこれから行かれる方は、是非暖かい格好して行ってくださいねdenim

P1000781 P1000805
”柿食へば

  腹が鳴るなり

     高野山” (パクリ?笑)

P1000802 P1000792

P1000788 P1000795 P1000785

| | コメント (4) | トラックバック (0)